カラコンは口ほどに物をいい

最近、目の大きなタレントさんが多くなっています。
ちょっと、印象的に感じるのはやはり目の感じが違うからなのでしょう。
カラーコンタクトレンズは自分の印象を変えてくれる秘密のアイテムだといえます。
特に、手間もかけずに印象を変えることが可能なのです。
コンタクトレンズを目に入れるのは怖い。
というのは、昔の話。
今のコンタクトレンズはとても目に優しいです。
以前と違って、酸素透過率や、水分量が上がっているので目に負担が少ないのです。
どうやって目の色を変えれるのかと思う人がいると思いますが目の虹彩の部分の所に色が付いているのがカラコンなのです。
物を見る所は、瞳の真ん中の水晶体なので、そこは透過できるので見える物に変化はありません。
目の印象を、さらにつけれくれるようにできる色や日本人の目に合った変化をつけてくれるカラーが多くなっています。
基本的には瞳の色は変わらないのに、虹彩の色を変えるだけで全然印象が違うのです。
日本人でも外国人でも瞳の真ん中の水晶体の色は変わりません。
虹彩の部分が、緑だったり、青かったりするのです。
カラコンは、虹彩の色を変えるだけで、日本人でありながら、ちょっとノスタルジックな瞳に演出してくれるのです。
日本人によくあう、ブラウン系が人気のようです。
黒い瞳も、印象的なのか好まれているようです。
さらに、瞳自体を大きく見せる事の工夫が凝らされています。
自分の虹彩よりも大きく作られているので、目がさらに大きく見えるようにしてくれるのです。
ポップなカラーも人気があって、ブルー系やピンク系、イエロー系といったところも好まれています。
とはいっても、コンタクトレンズは自分の瞳に合わないと話になりません。
一度でも、ソフトコンタクトレンズを経験した人は自分の瞳の大きさやカーブを知っているはずです。
そうでない人は、一度コンタクトレンズを使いたいといって眼科の診察をお勧めします。
そうでないと、いくら、装着感が良くなったと言っても目に異物をいれるのですから、結膜炎や角膜を傷つけるといった問題を起してしまいます。
また、きちんとケアをすることが大切です。
カラコンには使用期間が色々とあって1デイや2週間、1か月、1年といった期間でも選べます。
そして、実はコンタクトレンズは目の悪い人がと考えてしまいがちですがカラコンには、度ありと度なしを選ぶことだってできるのです。
私は目が悪くないから、コンタクトなんてできないと思っていた人でも、カラコンを使って自分の印象を変えることができるのです。
そして、近眼人も気軽に目のおしゃれが楽しめるというのもいいところだと思います。
「目は口ほどに物を言い」と。
言いますがカラコンを使うことで、印象的に自分を表現できる瞳に変身させてくれるのです。

コメントを残す